[股関節の形の意味]頸対角が45度ついている理由

よく、『ウォーキングしましょう!背筋のばして、膝を伸ばして、カカトから着地して、つま先でけりましょう。腕は90度にまげてリズミカルに振りましょう』ってのあるけど。↓の画像みたいなやつね。

これ、あぶないので、ぜったいに行わないでください。

この記事ではその理由を書きますね!

大腿骨頸部を守る意識をつける

股関節って角度130度で、骨盤にはまってるから、

膝のばしてかかとから着地すると、この股関節の首=大腿骨頸部が折れちゃう。

よくいう大腿骨の骨折になる。ですので、膝をまっすぐ地面に着地させるウォーキングはしてはいけません。

股関節が角度130度で、骨盤にはまっていることを”頚体角っていいます”


画像出典


画像出典


画像出典

画像は、

Skeleton differences poster. Male in comparison with female. Major gender nuances. Vector illustration isolated on a light background.

男性女性の股関節のはまりの角度の違いの画像です。

女性のほうが男性よりも、角度が急なんですよね。より衝撃をうけやすいのです。

膝をまっすぐにした場合に股関節が受ける衝撃

速歩きの場合体重の2倍が瞬間的にかかるとして、体重60kgの場合120kgが、膝と股関節にかかります。

かかとから着地すると衝撃は3倍になるので360kgが股関節にかかると言われています。

けっこうな重量が、大腿骨のまがってるところに、瞬間的にかかります。

あぶないですよね。

膝は直角につながっているので、短期的には構造的にたえられます。(長期的には膝の故障になります)

しかし、大腿骨の曲がってるところは、構造的に急所なので、短期的にも衝撃に耐えられないつくりなのです。

犬や猫が、4本足であるのに、クッションを使った、やわらかい歩き方をしていることを考えたらなぜか?というのはわかりますよね?。

いわゆるウォーキングのキビキビした歩き方じゃなくて、ふつうのダラダラした歩き方の方がいいです。

膝伸ばしウォーキングしてはいけない理由

別ブログに飛びます

次の記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする