骨盤の体操。ロボットの股関節を意識する

人間らしい動きのために股関節が大事なんです

ロボットをつくるときも、日本のアシモは胴体の下から足が生えていますよね。

一般的に、人って足がこういうふうに胴体についているようなイメージをもっちゃうんですよね。

しかし、アメリカのアトラスは、人間の骨盤のつくりをまねして、大腿骨の首を真横に骨盤相当の部品にいれてつくってますよね。

非常におもしろいとおもうのは、Qアングルもつけているところですね!

Qアングルとはこちら

この骨盤に股関節をジョイントさせる仕組みと、大腿骨にQアングルをつける仕組みがきいて、こんなに身軽な動作ができるのですよね!

こうしたほうが人間らしい動きをさせるという意味でも合理的な形なので、うごきが身軽ですよね。

さて、これを学習したあとに、ゆっくりと、股関節をイメージしながら体操を行ってみましょう!

次の記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする