股関節の体操[1]大腿直筋の体操

股関節の体操

股関節を治すために、大事な筋肉がいくつかあります。

その1つが大腿直筋です。

medically accurate muscle illustration of the rectus femoris

腰に手をあてたときの骨盤のでっぱりのすぐしたに、曲げたときにでてくる筋肉です。

骨盤からはじまり。膝を通り、スネの骨にくっついています。

腿をあげるときと、膝を伸ばすときにつかわれている筋肉です。

この大腿直筋が固くなってくると、股関節の動きがわるくなり、痛みがでます。

大腿直筋をリラックスさせてゆるめてあげると、股関節がよくなります。

スタンバイポジションは、うつ伏せになり、膝をまげます。

大腿直筋を収縮させるには、股関節を曲げればいいわけですよね。

うつ伏せで、股関節を曲げる→腰をねじるうごきも行われます。

右足の膝を外側に動かしているときには、お尻は左側に傾けるほうが楽なはずです。これで

腰方形筋という筋肉も動かしています。

medically accurate illustration of the quadratus lumborum

動画で、おおげさに動かす動きを見て、動きの方向性を確認してください。

じっさいの体操は、他人が見たときに、動いているのがわからないくらいのミニな動きです。

びさいなちょっとちょっとの動きが、いちばん効きます!

余談になりますが、膝にも効く体操なので、股関節だけでなく膝もお悩みの方は、ぜったいにやってくださいね!

次の記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする