1個またぎの筋肉、2個またぎの筋肉の違い

ワンポイント豆知識

1個またぎの筋肉と、2個またぎの筋肉 の違いについて覚えよう。

ワンポイント豆知識をご紹介します。

1個またぎの筋肉
2個またぎの筋肉があります。

2個またぎの筋肉の例

関節を1個だけまたいでいるのは、たとえば、梨状筋。

梨状筋は仙骨から大腿骨まで、1個またいでいる。

梨状筋↓

medically accurate illustration of the piriformis

腸骨筋です↓

medically accurate muscle illustration of the iliacus


腸骨筋は骨盤から、股関節をまたいで、大腿骨にくっついているので、1個またぎです。

2個またぎの筋肉の例

大腿直筋は、骨盤からはじまって、股関節を通り越して、さらに、膝も通り越して、スネの脛骨についてるので、2個またぎ。

大腿直筋↓

medically accurate muscle illustration of the rectus femoris

大腰筋も、背骨からはじまって、骨盤をまたいで、大腿骨についてるので2個またぎです。

大腰筋↓

medical accurate illustration of the psoas muscles

小さい短い筋肉よりも、長くて大きい筋肉をさきにゆるめてあげると大きい痛みがなくなります。

痛みが100だとすると、2個またぎの筋肉をさきにゆるめると80くらいよくなりますよ!

次の記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする